トップページ | 地盤調査 »

もうすぐ着工

埼玉県東松山市、T様邸新築工事。

娘さんの結婚を機に、お父さん所有の土地に新居を建てる計画の話を頂いてから約10ヶ月。

新居を建築する土地が、市街化調整区域内の農地だったので、まずは農地(青地)から宅地(白地)への変更手続きが必要でした。

110325_113201

このTさんの土地が、【都市計画法第34条第12号「市街化調整区域に長期居住する者の親族のための自己用住宅」】に該当するため、昨年10月に「農振除外申請」を提出。

今年3月末に「農振除外申請」の許可が下りて、すぐに「農地転用許可申請」と「開発許可申請」を提出。

5月末に「農地転用許可」と「開発許可申請」が下りて、すぐに今度は「適合証明」の申請。

「適合証明」が5日ほどで下りたので、またすぐに「建築確認申請」を提出。

そして今日、「建築確認申請」の事前相談での指摘事項の訂正を終えて受理され、来週早々に「確認済証」が下りる予定です。

長かった・・・・・(^^;)(笑)

市街化調整区域は市街化区域とは違い、自由に家を建てられないので、どうしても手続きが長くなってしまいます。

「建築確認申請」が受理されて「確認済証」が下りると、毎回ホッとします。

この後「住宅瑕疵担保保険」の手続きが終われば、無事着工となります。

東日本大震災以降、木材やベニヤ類、屋根のルーフィングや外壁のサイディング、断熱材など、まだまだ材料が不足しているのが不安ですが、着工まであと少し・・・。

よし!ラストスパートだ!!

|

トップページ | 地盤調査 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事