« 内と外が入り交じる家 | トップページ | 海と山と街を眺める鎌倉の家 »

LIXPO2013

3月30日(土)に、東京ビックサイトで開催されていた

LIXILグループの新商品発表会『LIXPO2013』に、いつもお世話になっている

建材屋さんの招待で行って来ました。

130330_113501_2

首都高が渋滞していたため、予定時刻よりも約1時間遅れて会場に到着。

後のスケジュールの都合で、見学時間が約45分ほどになってしまいました・・・(ToT)

展示すべてを見学出来なかったのは残念でしたが、アルミサッシの新商品はゆっくりと

見ることが出来ました。その新商品が、トステムの『SAMOSⅡ』。

デュオPGなど従来のサッシに比べて、障子の枠がスリムになり、

ガラス面積が15%もアップしていました。しかも従来のサッシと違い、

障子の立枠が窓枠とフラットになるため、見た目もスッキリした納まりになっていました。

さらに『フレームインタイプ』を選択すると、障子上下の框も窓枠とフラットとなり、

さらにスッキリとした印象になるので、インテリアのデザイン性もアップします。

従来品とSAMOSⅡの違いは↓↓↓

130330_120003

130330_120002

130330_115801

写真を見ていただければ、その違いは一目瞭然だと思います。

このSAMOSⅡは、『SAMOSⅡ-H』と『SAMOSⅡ-S』の2種類のグレードがあり、

『SAMOSⅡ-H』は、従来の『シンフォニーウッディ』、『SAMOSⅡ-S』は『デュオPG』と

同等のグレードに設定されています。HとSの違いは、『シンフォニーウッディ・マイルド』

のように、サッシの内側を木目調など、外部の色と変えられるのが『SAMOSⅡ-H』、

内部・外部共に同色なのが『SAMOSⅡ-S』です。

また、断熱性能もアップするので、低炭素住宅の需要が増えるであろう

今後の住宅建築の中で、主流になるアルミサッシではないでしょうか。

僕も使ってみたいなぁと思った新商品でした。

他にも、エクステリアやキッチン・ユニットバス・便器など、まだまだ新商品が

たくさんありました。機会があれば、また参加したいです。

|

« 内と外が入り交じる家 | トップページ | 海と山と街を眺める鎌倉の家 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事